PE症の早漏は剥き入れによって治る?

アルファベット表記される症状は数多くあり、男性特有の症状になっている早漏にもPE症と付けられています。男性が一度くらいは体験したことがあるのが早漏です。体調によって左右され、またパートナーの魅力におされてしまい、射精をコントロールできなくなってしまうこともあります。このPE症に悩んでいる人も多く、なかには性行為をすることも苦痛になってしまうほど早漏に対して悩みを抱いている男性もいます。そのような人がどのように改善するのかを見ていきましょう。

包茎の人が早漏になりやすいのはよく知られていることです。通常時に一番刺激を得られやすい亀頭が包皮に包まれていることから、いざ勃起したときに刺激に弱くなってしまいます。非包茎の男性と比べると、やはり射精をコントロールしやすくなっているとされています。よって通常時も剥き入れなどをして、常に亀頭をむき出しの状態にしていれば、改善する可能性もあるでしょう。これは毎日のトレーニングとして活用していけば、PE症も改善し、また剥き入れの癖を付けることで包茎自体も改善する可能性もあるメリットが高い手段になります。

ただ体調や目の前にするパートナーの魅力によって射精は左右される問題ですので、これは根本的に早漏を改善する方法になるのかどうかは、誰にもわからないことです。現在はPE症を脳内から改善する医薬品もあり、セックスの前に服用するだけで普段の射精までのタイムが約3倍延びる効果もあるとされています。このような方法で一時的に改善を試みながら、あとは剥き入れなどをして早漏と向き合う方法もあります。経験によって改善する人も多いですので、多くの性的刺激に向き合うことがPE症の改善方法と言えるでしょう。

関連記事